鳥の衝突で起こるガラス破損事故の実態

たくさんの鳥

風や飛来物によってガラスが破損することは多いですが、鳥の衝突が原因でガラスが破損することは珍しいケースです。ここでは鳥がガラスに衝突してしまう原因や、衝突するリスクを減らすことができる対処法などをご紹介します。

鳥は何故ガラスにぶつかるのか

一般的に鳥はガラスに付着した汚れや光の反射によってガラスの存在を認識し、ぶつからないように飛行しています。しかしガラスが何らかの条件によって見えにくくなると、ガラスの存在が認識できなくなり鳥が衝突してしまう可能性が高いです。そのため鳥の衝突を予防するには鳥がガラスを認識できるよう、窓に何らかの対策を行なわなければいけません。

専門家が語る!鳥の衝突で破損事故に陥りやすい環境

樹木が多い野鳥の通り道で破損事故が多いようです

住宅の窓ガラスに鳥が衝突してしまうのは、窓ガラスの大きさが大きくて向こう側の景色が見通せる状態になっているのが大きな原因です。大きな窓にはすだれなどをかけておきましょう。またガラスと樹木の距離が近いと鳥がガラスを回避できなくなってしまうので、住宅で鳥の衝突事故が頻発する場合は窓と樹木の距離を離す必要があります。

鏡のようにガラスが反射するような家は要注意

夜などの時間帯は内部が暗くなることでガラスが鏡のようになり、外の景色が反射してしまいます。鳥は反射した景色を本物と錯覚してしまうので、夜間は窓ガラスが景色を反射しないようにカーテンを閉めておきましょう。

まとめ

鳥の衝突事故が起こる原因を確認しておけば、対策を実施することで事故を未然に回避することができます。窓ガラスに鳥がよく衝突してしまう場合は、住宅環境をチェックし、ガラスを鳥に認識させるための対策を考えてみましょう。

TOPボタン