破損事故が起きた時のガラス修理はどのように行なうのか

ガラス屋は割れた窓ガラスの修理や交換を実施することができ、それぞれの施工によって違った効果が得られます。

ガラス屋で行なわれる修理内容

修理について
ガラスに細かい傷やひび割れなどが生じている場合は、修理でガラスを元通りに直すことが可能です。ガラスに生じた傷を消すために研磨を行ない、サッシ部分のゴムパッキンを交換します。修理を実施しておくことでガラスの美しさと耐久性は大幅にアップするため、大切なガラス家具などを長持ちさせたい時などに最適な施工です。
交換について
ガラスに生じた傷が深かったりガラスが完全に割れてしまったりした場合は、ガラス交換を実施してもらいましょう。新しいガラスを取り付けることができるので、施工後は今までよりも快適な生活を楽しむことが可能です。防犯ガラスや防音ガラスなどの高性能なガラスを取り付けることができ、割れたガラスは業者の方に回収してもらうことができます。

覚えておきたい!賃貸住宅の場合のガラス修理

管理人が修理費を負担する場合
熱割れは室内の温度と室外の温度に急激な差が生じ、ガラスに負荷が発生して割れてしまう現象です。この現象は入居者が原因によって割れたわけではないので、管理人に修理を実施してもらうことができます。またガラス内に入っている鉄線が錆によって膨張しガラスが割れた場合も、同じように管理人へ修理を依頼することが可能です。
個人で修理費を負担する場合
物をぶつけた影響や強い衝撃を与えてしまったことが原因でガラスが割れた場合は、入居している方が修理を行なわなければなりません。場合によってはすぐにガラスが割れず、時間が経過してからガラスにヒビなどが生じることもあるので注意しましょう。砂のついた布でガラスを拭くなどの誤った手入れでガラスが傷ついた場合も、入居者に修理費用が請求されます。
TOPボタン