ガラス屋もビックリ!鳥の衝突で相次ぐガラスの破損事故

窓

最近は、住宅の窓などに鳥が衝突してガラスが割れるトラブルが急増しています。そのため、ガラス屋に割れた窓の修理を依頼する数も増えているようです。ここでは、実際に住宅で発生したガラスの破損トラブルをご紹介します。

各地で起こるガラスへの衝突事故

柿の木に鳥の集団がやってきて怖い思いをしました(35歳/愛知県)

自宅の庭には柿の木が植えてあるのですが、春になると多数の鳥が自宅に押し寄せてとても困っています。カラスなどの大きな鳥もやってきますし、窓に鳥がよくぶつかるのでそのうち家族や住宅に悪影響がでないか心配です。

スズメが窓に激突してきてビックリ(39歳/鹿児島県)

自宅で普段通りに過ごしていると、突然窓にスズメが衝突してきました。どうやら、ガラスの存在を認識できずに間違えて衝突してしまったようです。今度からは鳥が衝突しないよう、窓にすだれなどを下げておきたいと思います。

鳥が窓ガラスを突き破って居着いてしまった(32歳/東京都)

仕事から帰宅したところ、家の窓ガラスが割れていて見たこともない鳥が室内に侵入していました。侵入した鳥は自分から飛び去ったので襲われることはありませんでしたが、ガラス屋に窓の修理を依頼することになってしまいました。

ガラスが割れた時と、割られないようにするための対処法とは?

鳥の衝突で窓ガラスが割れてしまった場合は、ガラス屋に修理を依頼するか割れたガラスを補強しなければなりません。

鳥の衝突によってガラスが割れてしまった時の対処

ヒビ割れが起こっている場合
ガラスにヒビが生じている場合はヒビをしっかり覆える大きさのガムテープを用意し、ガラスにテープを貼ることで補強を行ないます。ガラスを強く抑えるとヒビが悪化してしまう可能性があるため、テープを貼る際は強く抑えないように注意しましょう。テープを張った後はガラスに負荷がかからないよう、風よけを取り付けるのが最適です。
全体的に窓が割れている場合
ガラスが粉々に割れてしまっている場合は、窓から離れて怪我をしないようにしましょう。ガラスを触ったりすると怪我をしてしまう可能性があるため、ガラスの撤去作業は業者の方に任せるのが最適です。また、ガラスが割れると周囲に細かい破片が散らばるので、窓の周辺に囲いを設置する際は軍手やスリッパなどを着けて手足を保護しましょう。

頼れるガラス屋に修理相談&依頼

ガラス屋は住宅に使用されている窓ガラスやドアガラス、天窓などをしっかりと修理することができます。ガラス家具などの設備も修理できるので、大切な家具の破損トラブルもすぐに解決することが可能です。また店舗やオフィスで利用されている自動ドアや、鏡ガラスなどの修理も取り扱っています。割れたガラスを修理する際は、取り付けるガラスを自由に変更することができるので、住宅や店舗に最も適したガラスを設置したい時にも便利です。業者利用の際は、費用やガラスの種類などについてしっかりと相談するようにしましょう。

割れないようにするなら「ウィンドウフィルム」がおすすめ

ガラス屋に窓を修理してもらった後は、鳥が衝突しないようにウィンドウフィルムを貼っておくのが最適です。ウィンドウフィルムは、貼ることで鳥にガラスの存在を認識させることができるアイテムなので、貼っておくだけで衝突事故を減らすことができます。フィルムは簡単に貼り付けることができますので、業者に取り付けを依頼する必要もありません。

TOPボタン